資格を取る前に確認を!社会労務士の仕事内容とは?


社会保険に関する書類の作成

社会労務士の仕事の一つとして行政などに提出しなくてはならない書類の作成があります。例えば、社会保険の手続きを行うためには書類を作成して申請しなければなりませんが、この手続を行うことが出来るのは国家資格である社会労務士の資格を持った人だけです。そのため、会社としてはこれらの書類の作成や申請を行うためには社会労務士の資格を持った人を雇うか、外部の社会労務士に委託する必要があります。

就業規則などの帳簿書類の作成

会社には就業規則を始めとし、労働者名簿や賃金台帳など必ず備え付けて置かなければならないものがいくつか存在しています。これらの帳簿や書類の作成を行うのも社会労務士の仕事の一つです。これらの仕事は社会労務士の独占業務の一つであり、社会労務士の資格を持った人間しか行うことが出来ないので注意が必要です。

相談や指導を行うコンサルティング業務

一般的には社会労務士の仕事だとは考えられていない場合もありますが、会社に対して相談や指導を行うコンサルティング業務も社会労務士の仕事の一つです。社会労務士の仕事の中には独占業務と呼ばれる社会労務士しか行うことが出来ない仕事もありますが、コンサルティング業務はそういった独占業務ではない仕事となっています。会社を経営する上で大事な「人」のエキスパートである社会労務士は人事や労務管理をする上で相談を行ったり、時には指導を行なったりするようなことも業務内容に含まれているのです。しかし、この業務は独占業務ではないため、社会労務士以外の人間が行うケースも珍しくありません。

企業は人を雇い就労してもらう上で就業規則を規定していなければなりません。最低限の法律に則って規則を決めなければならないため社会保険労務士の就業規則を参考にする会社が多いです。