法人口座の使い勝手を重視してデビットカードを選ぶ


法人用デビットカードの機能はあまり大きな差はない

法人用のデビットカードを作る場合、デビットカードの善し悪しで決めるのではなく、法人口座の使い勝手で選んだ方がいいでしょう。というのは、クレジットカードと違い、デビットカードは審査不要で発行されますし、利用時の還元率といった特典もほぼ横並びだからです。では、どのような点を比較して法人口座を選べばいいのでしょうか。たとえば、コストを重視するのであれば「口座維持費が無料」「振込手数料が安い」の二点が大事です。

個人口座だと維持費無料で同行内の振り込みであれば手数料も無料なので当たり前ですが、法人口座は銀行によってだいぶ差があります。ネット銀行の法人口座は維持費無料でも実店舗がある銀行の法人口座だと手数料がかかることがほとんどですし、同行内の振り込みについてはネット銀行でも手数料が必要になることが少なくありません。

コストを重視して法人口座を開設する

もし、取引先が一つしかないものの、銀行を通じて頻繁にお金のやり取りを行うのであれば、相手のメインバンクを確認して、その銀行に法人口座を開設し、同時にデビットカードを作るのがいいでしょう。同行内振り込み手数料が無料なら大幅なコスト削減になりますし、有料であっても同行内の方が他行同士の振り込みよりも手数料がずっと安いです。取引先が多く、相手のメインバンクがバラバラという場合は他行宛の振込手数料ができるだけ安く、さらに口座維持手数料が無料な銀行に口座を作って、デビットカードを申し込むのがいいでしょう。

法人 デビットカードは出張申請や経費申請などに便利です。会社側で簡単に使用した品目と費用が管理できるため申請プロセスが簡単になります。